パソコンちょっと講座 パソコンのわからないを説明 初心者の人に見てもらえればうれしいです。 パソコン説明 初心者講習 検索エンジン 検索サイト

■検索TOP    ■ホームページ制作 オフィスオノウエ    ■おすすめリンク集    ■求人募集    ■おみくじ    ■個人BLOG
     知ってたらごめんね。
 
  
 インデックス

        パソコン基本知識                         パソコン基本知識

          基本技                                 ソフトとハード?

          
秘技                                   ソフトウェアのOSとは?アプリケーションソフトとは?

          ホームページの構成                         パソコン内部



 












パソコン基本知識


1.基本技

 初心者には以外と知らない検索技です。
 右の図1を参照してください。


 ,泙困い弔皀ぅ鵐拭璽優奪箸鬚垢襯廛薀Ε

  (WINDOWSではInternet Explorer)を開き

  検索サイト(ヤフーさん・グーグルさん・MS

  Nさん・インフォーシークさんなど)の検索バ

  ーの空欄に、探したい物のキーワードをス

  ペースを空けて何個か入力します。



 検索ボタンを押します。



 すると下にすべてのキーワードを含む

   サイトが表示されます。


 ■インデックスへ


 



2.秘技


 たまに文字の多いサイトに行くときがあると

 思います。自分が探したいキーワード(文字

 )を上から見ていくと、かなりしんどいです。

 そういったときに使えるホームページ内の検

 索です。



 .ーボードの”Ctrl”コントロールキーを押

  しながら”F”キーを押して下さい。図2の検

  索バーが表示されます。

  ※検索バーが表示されない場合、目的の

    サイトがアクティブウィンドウ(選択されて

   いるウィンドウの事です。)で表示されて

   いる事を確認してください。選択されてい

   ない場合、そのウィンドウをちょこっとク

   リックしてください。



 ⊃3のように検索バーに探したいキーワー

  ド(文字)を入力します。

   ※検索バーの下部、チェック項目も確認し

    てください。



 ”次を検索”を押すと検索されます。



 じ〆した文字が選択されます。



 ※必ずしも検索できるとは言えません。ま

  たインタ−ネット以外でもこの技を使用で

  きます。



 ■インデックスへ





図1 基本技                                                





図2 秘技                                                  


図3 秘技                                                 











 

3.ホームページの構成

ホームページとはインターネットに表示させるデータでノートのページの構成に似ています。例えば下記のように
トップページと会社概要の
2ページを作成してその2ページを行き来できるようにします。
(リンクさせると言います)

ホームページを分別する事により、わかりやすい詳細なホームページが作成できます。

■インデックスへ








パソコン基本知識


1.ソフトとハード


 ソフトウェア

  データやプログラムなどの事を言います。

  物理的な”物”ではありません。

  ・データ

    コンピューター上の情報の総称


  ・プログラム

    コンピューターの動作を規定、記述した

    もの。簡単に言うと”OSやアプリケーシ

    ョンソフトなど”の中身


 ハードウェア

  物理的にある”物”です。 


 ■インデックスへ



2.ソフトウェアのOSとは?アプリケーションソ

 フトとは?


 ・OSとは”WINDOWS”や”MAC”などの事を

  言います。意味は”Operating System”(

  オペレーティングシステム)の略称です。

  もっと詳しく言うと”通訳システム”でコンピ

  ューターと人間の通訳をします。

  (図1参照)


 ・アプリケーションソフトとは”専門的なソフト

  ウェア”です。例えば”ワープロソフトのWO

  RD”や”表計算のEXCEL”などを言います。

  こういったソフトをOSの中に入れます(イン

  ストール)。言わば”OS”のオプション的なも

  のです。(図1参照)


 ごちゃ混ぜにならないように注意してください。


 ■インデックスへ
 


































図1 OS


3.パソコン内部


図2 デスクトップパソコン内部



基本的な場所だけ説明します。ノートパソコンは上記の図2とは多少異なります。



1 CPU

 セントラルプロセッシングユニットの略で計算するとこです。ここがパソコンの頭になり周波数が高ければ処理速度が高速になります。
 
  ※周波数が高くなると電磁波も強くなります。

 少ない ・・・1GHz 〜 3GHz 3.1GHz 3.2GHz・・・ 多い

 現在では3GHzもあれば速い方と思われます。



6 ドライブ

 CDROMドライブ・DVDドライブ・ハードディスクドライブ(HDD)などあります。


 その中でハードディスクはデータを蓄積する場所です。保存量はバイト(B)で表示され、数字が大きければデータの

 保存量が増えます。

 OS・アプリケーションソフト・データはここに入ります。

 少ない ・・・1GB 〜 20GB〜40GB〜160GB・・・ 多い

 推奨値は個人や用途によって異なりますのでなんとも言えませんがあえて言うなら、パソコンでインターネットやWORD・EXCELなど

 使用する場合でしたら5GB〜40GBぐらいで良いと思います。

 デジカメを使用するなら80GBぐらいあれば十分と思われます。80GB以上は動画を保存したりするのに良いと思います。



8 システムメモリ

 よく「メモリを増設する」と聞きますがこのシステムメモリを指します。静電気などに弱いのでむやみに触らない方が良いと思います。

 簡単に説明しますとデータの道でメモリを増設すると道幅が広くなりデータの行き来が高速になります。メモリ容量はバイト(B)で

 表示され、数字が大きければ高速になります。

 少ない ・・・32MB 64MB 128MB 256MB 512MB 1024MB(1GB)・・・ 多い

 システムメモリは種類があります。  DDR2RAM DDRRAM SDRAM etc...  最近ではDDR2RAMが主流です。

 これも推奨値はなんとも言えませんが欲を言えば512MB以上あればすんなりパソコンが動いてくれるんではないでしょうか。


10 拡張スロット(PCI)

 増設するスロットです。


12 グラフィックカード(ビデオカード)

 画像処理をするところです。これもメモリが内部にありメモリ容量はバイト(B)で表示され、数字が大きければ高速になります。

 少ない ・・・32MB 64MB 128MB 256MB・・・ 多い

 現在の主流は128MBか256MBぐらいです。



以上基本的な事を理解しているとパソコンがかなり楽になると思います。またパソコン購入時などに役立てて下さい。



 ■インデックスへ


■検索TOP    ■ホームページ制作 オフィスオノウエ    ■おすすめリンク集    ■求人募集    ■おみくじ    ■個人BLOG
Copyright © 2006 OFFICE ONOUE All Rights Reserved.

パソコンちょっと講座 パソコンのわからないを説明 初心者の人に見てもらえればうれしいです。 パソコン説明 初心者講習 検索エンジン 検索サイト